読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師、トラベルヘルパーになる!

看護師7年目。今後どうやって働こうと思った矢先にトラベルヘルパーという職業に出会いました。これから頑張るため、世の中に広まれば・・・と思い始めました!

砂利道で車いすを押す方法★

こんばんは、あやかです!

色々追われてしまいちょっと間が空いてしまいました。

看護師の仕事とちょっと違う旅行会社の内勤の仕事に

わたわたしておりますが、

それなりにがんばっています!

 

 

そして今日は、車いすで砂利道編です!

 

 

そう、この原宿にあるかの有名な

明治神宮の砂利道!!!!!

f:id:axaka123:20161122002003j:plain

 

これ、車いすで通ると、前輪が小石のガタガタをキャッチしてしまいます。

 

どうやって行くのか!!!!!

 

 砂利道で車いすを押す方法 2つ!

 

  1. ウィーリー
  2. 後ろ向き走行

(ちなみに私は、ウィーリーじゃなく、ウォーリーと呼んでいました…恥)

 

 

 

1、ウィーリー

これは、簡単に説明すると、前輪浮かせ、後輪に体重を乗せ

そのまま進む!!!!

 

f:id:axaka123:20161125004112j:plain

 

 

こんな風な状態で、前に進みます。

もちろん、後ろでトラベルヘルパーがしっかりと体重を支えます。

写真は、一人で行ってますが、そこは心配なく。

 

この状態で砂利道を歩くと、大きい車輪が小石のガタガタをキャッチするので

車いすに乗っている方に、振動が伝わりにくいのです。

 

実際に、私もお役様役、トラベルヘルパー役を実施。

 

初めてだと、やっぱり怖い!!!と思ったところはありました。

でも、こうやって砂利道体験をすることで、実際に生かすことができる。

 

2.後ろ向き走行

結局のところ、後輪が小石の振動をキャッチすることで

振動を極力防ぐことができる!ということなのです。

原理的には、1も2も同じ。

 

車いす走行時、前輪と後輪の構造の違い、タイヤの大きさ、質感などを知ったうえで

車いすを走行するということは、

お客様の快適な旅行につながるということがわかる。

 

病棟ではならない、車いす走行。

知らないことだらけだなーと、改心。

 

次回に続く(^^♪